swift

Swift(iOSアプリ)でprintと debugPrintとNSLog

iOSアプリを作っているときログ出力をするならprint|debugPrint|NSLogいずれかを使うけど、Releaseビルドではどれが出力されるのか確認したことが無かったので確認をした。 Objective-CでiOSアプリを作っているときNSLogの出力はReleaseビルドでもログ出力されることは確認していたのでよくあるifdefマクロで LOG(...) のようにしていた。 実装 実装はXcodeでFile > New > Project... > AppでSwiftを使ったアプリ作成 ViewController.swiftの viewDidLoad() に下記を追記 print(">>> this is test message from print") print("

KMX125

KMX125レストア 02

KMX125のレストア、記事としては二回目。 リアブレーキペダルとキックペダルのグリスアップ ブレーキペダルが錆びで固着していたのでラスペネ吹いて引き抜いて時間置いてから引き抜いた。 外装をはずして簡単に洗浄 樹脂の外装はタワシと中性洗剤でこすり、油汚れがこびりついてる箇所はボンスターとクレンザーで大体落ちる。 タンクの中は年式の割に綺麗だったので中性洗剤を入れてシェイクして、以前使ったタンクの錆び取り液でリンスした。 今後の予定 ラジエーター ・ラジエーターの錆びをマイナスドライバーでこそげ落としたら1.5mmくらいの穴が開いたので、中古のラジエーターを探す ・ラジエーターホースはアリエクスプレスなどで新品シリコンホースが売られていたので買うことにする フロントブレーキ ・フロントブレーキはマスターとキャリパーどちらもスーパーシェルパ用の購入を検討する リアブレーキ ・リアブレーキはマスターシリンダーもキャリパーも部品が出るか調べてあれば購入、無さそうだったら適当に純正流用を検討 2ストオイルタンク ・2ストオイルタンクキャップは純正品を購入する タイヤ交換 ・ダンロップ D605とかを取り付けようかと スプロケ取り付け ・よく見たらリアのスプロケがついていなかった ・フロントのスプロケもどうなっているか確認する必要がありそう チェーン取り付け ・よく見たらチェーンがついていなかった

KMX125

KMX125のレストア 01

KMX125を購入しました。増車ではなく廃車の部品をおよそ2台分という形で。 ちょっと散らかっているので全体の写真は無いですが、ごちゃっとした中の写真をば。 1台はおよそ1台の車両の形になっていて、もう1台分はフレームやエンジンなどがバラバラになっています。 直近の目標はこの車両の形になっている方の行動復帰です。 車両の現時点の問題点 ・フロントブレーキが効かない(マスターシリンダーとキャリパーピストンがそれぞれ固着) ・リアブレーキが効かない(キャリパーピストンが固着) ・クーラントのリザーバタンクが割れている ・バッテリーが死んでいる(キック始動には影響ない) ・前後タイヤがダメ(転がすための最低限のタイヤが組み付けられている) ・シートレザーが硬化していて座ると割れる ・チェーンが錆びている その他の状態 ・受け渡し以前にエンジンの始動は見せてもらっている 今後の進め方(仮) ・フロントブレーキキャリパーを直す(スーパーシェルパ用を流用交換) ・フロントブレーキマスターを直す ・タイヤ交換 ・リザーバータンクを直す ・リアブレーキキャリパーを治す(純正品を直す) ・リアブレーキマスターシリンダーを直す ・オイル交換 ・クーラントリザーバタンクを直す

SuperSherpa

SuperSherpaオイル交換

SuperSherpaのオイル交換をした。 前回の記事 を参考に。 エンジンガードの固定ボルト径: M8 ドレンボルト径: M14 純正ドレンボルト クラッシャブルワッシャー 純正品番 92065-058 @165 ドレンボルト締め付けトルク: 15Nm エンジンオイルは買い置きしていたこちらを使用。 デイトナ DAYTONA 97799 MOTOREX TOP SPEED 4T 4L MC モトレックス 4リットル SPEED10W40 10W-40 鉱物油posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング 画像の通りオイル漏れをしていたので、気になっていたクラッチカバー側のOリングを交換。

ZX-10

ZX-10 車検

今年の2021年1月から車検が切れていたZX-10ですがようやく車検更新してきました。 はじめは単純に車検を忘れていて切れてしまって、ついでだからと整備したりして時間がかかっていました。 年内に行動復帰できて良かったです。 整備内容 外装を赤から割れ補修した黒に戻した(赤は一部割れているので後で補修 ヘッドライトバルブを高効率H4バルブに変更 クラッチマスターをZZR1100用からZX-10用に交換 フロントブレーキフルードを交換 バッテリーを新品交換 タイヤ前後をSPORTEC M7 RRに交換、前120/70 ZR 17 M/C、後180/55 ZR 17 M/Cへ交換 ホイールベアリングのグリスアップ エンジンオイル交換 クーラント交換 マフラーを純正に戻した リンクのグリス補充 だいたいこんなところか 車検更新の手順

KH400

KH400 4回目のユーザー車検

引っ越して最初の車検がKH400の継続検査でした。 もう12月ですが検査を受けたのは6月です。。。 光軸と光量だけがウィークポイントのKH400です。 検査前日までに整備したもの タイヤを前後TT100GPに変更 エンジンオイル交換 ブレーキフルードの交換 リアブレーキの調整 キャブレター調整 ヘッドライトバルブを高光量へ変更 バッテリーを新品交換、前日に満充電 チェーン清掃 検査へ 今回から最寄りの陸運局は所沢、付近で評判のよさそうなテスター屋さんに寄ってから検査しに行くことにしました。 初めて行ったので勝手が分からず、端にバイクを停めてから声を掛けに行こうとしたら「光軸ですよね、レーン並んじゃってください」と呼んでくださいまして。ありがたい。 ヘッドライトの光量は問題無いとして光軸だけ調整してもらおうと思っていたところ光量不足でした。。。 テスター屋さんのお兄さんが苦肉の策でバルブを外して、向きを固定するピンをラジペンでくにくにっと曲げて取付、再確認したら光量が上がってOKとなりました。 料金は1300円でした。 あとで車屋の友人にこの話をしたところ、バルブとレンズの距離を変えて光量を上げたとのこと、知りませんでした。。。 車検場の手続きは今までと特に変わらず。A棟B棟ともに国立の車検場より広かった気がします。 持ち物

Mac

Macに複数のmacOSバージョンを共存させる

背景 最近仕事でmacアプリを作っていてmacOS 12 Monterey(当時Beta版)の動作検証をする必要があったため手持ちのMacBook ProのOSをmacOS 12 Monterey Betaにアップデートして検証に使っていたが 同プロジェクトのiOSアプリ開発に投入されることが決まり、iOSアプリの開発環境はmacOS 11.x Big Surだと言われた 諦め 常用しているMac miniはmacOS 11.6 Big Surだったので「家なら開発できるけど外出は無理です〜」と言うと、ダウングレードできますよ、という話が来てしまった。。。 仕方ないのでMacBook Proをパーティション切ってMontereyとBig Sur共存環境にする 方法 通常、1台のMacに2つのOSを共存させるパターンは現行版+

ha36s

アルトワークスHA36Sオイル交換

エンジンオイル・オイルフィルター・ミッションオイルを交換した。 2月に走行距離が約28,000kmで購入して3,000kmくらいでオイル交換する予定がタイミングがあわずちょっと遅くなり、約4,000km走行でようやく交換しました。 オイルフィルターは購入時にも交換していますがせっかくなので交換。 エンジンオイル 4L 5W-30 SP/RC GF-6 化学合成油HIVI TAKUMIモーターオイル 送料無料 HIGH QUALITYposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング 楽天1位 オイルフィルター スズキ 全車 10個セット SO-2 国際品質管理規格取得認定品 | 16510-84M00 MQ508007 1A03-14-300 suzuki

ha36s

アバウト アルトワークス HA36S

整備 2021年10月 オイル交換 カスタム 足回り モンスタースポーツ MONSTER EXtuneサスペンション 510510-7310M 純正サスは固めで乗り心地が悪く感じたため変更、かなり満足しています アルトワークス/アルトターボRS HA36S FF車 純正形状サスペンションモンスタースポーツ MONSTER Extuneposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング インテリア モンスタースポーツ スポーツドライビングペダルカバー 849520-7200M 見た目も良くブレーキペダルカバーは凸があってひっかかる感覚もあり良いと思う アルトワークス ハスラー ペダルカバー MT車(スポーツドライビングペダルカバー/レッドアルマイト)posted with

母の日

母の日

先日、5月9日(5月の第2日曜らしい)は母の日でした。 例年なにもせず過ごしていましたが「花ぐらい贈ってあげたら」と言われたので、何の気なしに検索をして花キューピットを見ると「母の日遅れてごめんね」なんていうギフトがあったのでポチりました。 それでまあ届いたと連絡があったので簡単に決まり文句の感謝を述べて、それと帰省はコロナが落ち着いた頃にという話をしました。 帰省や旅行の考え方について、あくまでも自分の場合ですが、 コロナが広まって最初の頃に実家から2つ隣の市だったかで感染者が出て、住所がさらされたり張り紙やら石を投げられたなんていう話があったみたいで、親からは「しばらくは帰省してこないでくれ」なんていう連絡がありました。 帰省してこないのかと言われることはあっても、帰省してくれるなと言われたのは初めてでなかなかこたえました。 年に2回程度の帰省でしたが道中でキャンプをするのが毎度のことだったのでコレが無くなるとなかなか物足りない気もしてしまいます。 しかし帰省しないでくれと言う親の気持ちも考えるとせめて緊急事態宣言・まん延防止措置の範囲から出る外出はせず、旅行や外食なども控えようという気持ちで過ごしています。 もちろん自分の生活を見ている人からは自粛が足りないと感じられる点もあるかもしれないのですが、感染拡大をさせるような行動はなるべく避けたいなと思っています。 早く以前のような生活に戻れますように。

車を買った

車を買いました。正確には車を買い換えました。 本当はというか家を買ったタイミングで荷物を運んだりする用で車屋の友達のところで15万円でキューブ(2代目)を購入したのですが、色々あってアルトワークス(HA36S)に乗り換えました。 キューブは特にたいしたカスタムなども無く終わったのですが、アルトワークスは購入時点でモンスタースポーツのサスペンションを入れました。 業者オークションで落札して貰って車検をとったと連絡をもらったとき助手席で軽く試乗させてもらったら、車酔いしやすい自分はこのまま助手席に乗っていたら酔うと確信したので乗り心地を良くしたかったためです。 結果的に乗り心地はかなり良くなって非常に満足しています。 アルトワークス/アルトターボRS HA36S FF車 純正形状サスペンションモンスタースポーツ MONSTER Extuneposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング その他アクセサリー類は元から水温計とブースト計が取り付けられていて、ナビは車屋さんで余っていた物を取り付けてもらった。ETCは2.0を購入して取り付けてもらった。 ドラレコはキューブに取り付けていた物を取り外して移植した。 今後の予定としてはオンラインショップのポイントがけっこう貯まっていたので、 シートのローダウン・アクセルペダルのマウント変更・クラッチペダルの変更・フットレスト・ペダルカバーの取り付け

git

Gitで日本語ファイル名が文字化けする問題

今までGitリポジトリに日本語名のフォルダやファイルを追加することが全然無かったので全く気付いていなかったけど日本語名のフォルダがあると文字化けするしていた。 日本語が表示されないのもイヤなので表示出来るようにした。 Before git config --global core.quotepath false 需要は無いと思うけど --global を --local に置き換えると該当リポジトリのみを対象範囲として設定出来る。 After 内容が薄いのでGitのログコマンドについても補足というか蛇足というか。 git log --stat {hash} -1 --stat は変更されたファイルを表示するオプション {hash} は先頭に表示するコミットを指定する(指定したコミットを先頭に遡って表示される) -1 表示するコミットの件数指定、今回の場合は1件のみ表示

KH400

KH400シフトチェンジペダルのガタが気に入らない

本当は抱きつきをさせた頃に手を加えたかった箇所なのですが、シフトチェンジペダルがぐらぐらして気に入らないという問題がありました。 動作チェック まずは現状把握から。 挙動を確認すると問題点は2つ。 軸のボルトを目一杯締め込んでもペダルのクリアランスが大きい為ペダルが左右に動く 穴の内径と軸にクリアランスがあるため、踏み込み/蹴り上げでペダルがよじれる 簡単に対応できそうなのは1つ目の左右に動く問題、適当なワッシャーを噛ませて隙間を埋める方向で対応します。 対策 ペダルの穴部分の型を取る ワッシャーの内径と外径のサイズを書き込んで、ざっくりはさみで切り取る。 穴を空ける 電動ドリルで穴をある程度の大きさの空けたらリーマーで拡張する。 外側を整形 はさみで外径の余計な部分を切り取って整形する。 仮組み なかなか良さそうに見える。 組み付け 実際に組んでみると若干の改善を感じました。 軸のボルトを目一杯締め込んでもペダルのクリアランスが大きい為ペダルが左右に動く この問題はかなり改善しました。 穴の内径と軸にクリアランスがあるため、踏み込み/蹴り上げでペダルがよじれる この問題は改善していないのでやはり少しいびつな、よじれるような動きをしているように感じます。このクリアランスは0.05mmくらいの板を軸側に巻き付ければ改善できそうな気がしなくもないので、また次回挑戦したいと思います。

SuperSherpa

SuperSherpaのキャブレターカスタム

久しぶりにSuperSherpaネタです。 このネタは既にTwitterに書いていて、SuperSherpaの他車種|他メーカー純正部品流用カスタムのまとめ記事を書かれているnossiさんにも共有済みなのでそちらにも記載されているかもしれないのですが。 はい、話は変わって。みなさんはYouTubeを見ていますか? 私はまーさんガレージさんの動画が好きでよく見ているのですがたまたまSUZUKI Djebel200のキャブレターを手入れする動画を見たときに「このキャブレターSuperSherpaと同じだ。。。!?」と気付きました。 しかもスロットルストップスクリューがSuperSherpaのだらんと垂れたものでは無く、少し長いビスのようなつまみが取り付けられているだけでした。 「もしかしてこれは流用できるのでは、、、?」 その動画がこちらです。 どうも動画を見ているとDjebel200のキャブレターはとSuperSherpaと同じくミクニのBST34っぽい(YAMAHA BRONCOもBST34らしい)ということで。 以前からSuperSherpaのアイドルストップスクリューはキャブレターを外すときにひっかかって邪魔だったり、スプロケカバーあたりのガイドからハズレて暴れたりして気に入らなかったのでこの際交換を試みることにしました。 注文したのは 13267-25D00 と 13268-37420 です。結論を書くと合いませんでした。 SuperSherpaの純正スロットルストップスクリューとの比較画像です。 画像を見て頂くとわかるのですがピッチが異なりました。。。 ここで諦めるのも癪なのでBST34を積んでいる車両を探していたところ、どうもYAMAHAのSR400/500やBRONCO, SRX400/

KH400

KH400のミッション組み直し Day.9

1日目はこちら 2日目はこちら 3日目はこちら 4日目はこちら 5日目はこちら 6日目はこちら 7日目はこちら 8日目はこちら 引き続き、腰上を組んでいきます。 ピストンリングをピストンに組み付け ピストンをコンロッドに組む前に、まずピストンリングを組みます。以前にも書いたかもしれないですがDreamTimerさんのピストンキットです。 ピストンリングはトップリング・セカンドリング・エキスパンダ(オイルリング?)の3点セットが入っています。 比較画像が無いので申し訳ないですが、ピストンリングのトップとセカンドは内径が狭い方がトップ、広い方がセカンドです。そしてセカンドリングの中にエキスパンダが入ります。 なので逆の順番で、エキスパンダ・セカンドリング・トップリングの順番で2ストオイルを塗りながらリングを組んでいきます。 トップリングとセカンドリングには上下の指定がありますがピストンリングを組み付ける溝の上側に回り止めのピンが打ってあるので、ピンに合う向きにしてあげればOKです。 ついでにピストンピンのクリップを片側だけ取り付けておく。ピストンを組み付けるときの奥側になる側だけ。 1番は上から見て右側、2・

KH400

KH400のミッション組み直し Day.8

1日目はこちら 2日目はこちら 3日目はこちら 4日目はこちら 5日目はこちら 6日目はこちら 7日目はこちら マフラーもきれいにする 先日インナーバッフルの掃除をしたわけですが インナーバッフルでこれならマフラーの中ってどうなの?って話なので掃除します。 方法 たまたまネットサーフィンをしていて見つけたブログを参考にアセトンで洗浄することにしました。 廃油の処分はまあどうにかなるだとうと思うので、引取先を見つけるのは後回しにします。 マフラーの中を覗く スネークカメラで中を覗きました。 ドロドロ過ぎて排気側から2つ目の隔壁を抜ける前にこうなりました。。。 汚いですがこんな感じです 作業 清掃 適当なエンジンオイルで軽く外側の汚れを拭く 栓をする ボルト・ワッシャー・ステー・テーブルなどの足用ゴムを買ってきてIN側に取り付ける。 マフラーのフランジ(パーツリストによるとホルダー)を流用して固定。 インナーバッフルのボルト用の穴はアルミテープで塞ぐ。 アセトン注入 なみなみ注いだらアルミテープでかんたんに蓋をして放置する。

KH400

KH400のミッション組み直し Day.7

1日目はこちら 2日目はこちら 3日目はこちら 4日目はこちら 5日目はこちら 6日目はこちら 前回6日目の記事に書きましたがKH400抱きつきさせました。 やってしまったものは仕方ない。後悔しか無い。 シリンダーを直す 井上ボーリングさんでICBM化しました。 0.5mmオーバーサイズでホーニングしても限界が近いのは見えているので、それならスリーブ打ち込みしてもらおうかという決断です。 たまたま問い合わせをしたらSTDサイズ(φ57)のスリーブなら在庫が1組あるということだったので「じゃあそれで!」という流れで依頼しました。 それとシリンダーを発送してから「フィンの欠けも直しましょうか?」とか「表面の防錆皮膜も黄ばんでるしウェットブラストも〜」みたいな感じで色々やりとりしながら追加でお願いしました。 この際なのでピストンの購入とWPC/MOS2加工もお願いしました。 届きました アルミスリーブ(ICBM)について 旧車(特に2スト)乗りには魅力的な商品だよな〜

KH400

KH400のミッション組み直し Day.6

1日目はこちら 2日目はこちら 3日目はこちら 4日目はこちら 5日目はこちら また時間は経過して2020年3月下旬。 都内テスト走行中 国道を走行中。交差点を曲がるとちょっと渋滞気味だったので減速して停車、アイドリング状態でガキンッという金属音とともにエンジン停止。 とりあえず歩道に移動。 ニュートラルランプは点灯しているので電気系統のトラブルではない。 キックするも降りず。5分くらい待っても変わらず。おそらくピストンが動かない。焼き付きか?? 諦めてJAFで自宅まで運んでもらいました。ショックで写真は1枚しか撮っていないです。 原因を探す 帰宅後、現状を維持したまま原因を探して気付く。 2ストオイルが空になっている。 走行可能になってからはセッティングのため試走を繰り返していたが2ストオイルを補充したつもりが切らしていたせいだったようでした。 日常点検がきちんと出来ていなかったということですね。。。 現状の可能性としては焼き付きか抱きつき、冷間時にピストンが動けば抱きつきで確定。 スムーズに動かなければ異物がクランクケースに入り込んでいる可能性もあり。 なので冷間でキックが降りるか試す。 ピストンは動くのか 2ストオイルを補充、タンクのガソリンは一度抜いてから20:1混合オイルを補充、プラグを外してから2ストオイルを数滴垂らしてピストン。

KH400

KH400のミッション組み直し Day.5

1日目はこちら 2日目はこちら 3日目はこちら 4日目はこちら 時間は経過して2020年1月25〜2月9日。 前回WPC処理に出してだいたい2週間くらいでミッションたちは帰ってきました。 受け取ったミッションを組む 特筆することは無いです さくさくクランクケースを閉じてフレームに載せます 若干スタッドボルトが緩んでいたのでダブルナットで締め込み シリンダーを載せる ピストンリングは切ったペットボトルで包み結束バンド(再利用出来るタイプ)で締め込む。ウィルキンソンタンサン1Lのペットボトルが厚みもあって使いやすかったです。 クラッチワイヤーとFスプロケット取り付け クラッチハウジング/ハブ取り付け クラッチカバー取り付け ジェネレータ取り付け オイルライン取り付け フライホイール取り付け スパークプラグの点火テスト 経過 タンク・バッテリー・キャブ以外のパーツは組みました 混合ガソリン 混合ガスおよそ20:1で作る キャブレターの確認 まずは標準のMJ:

ZX-10

ZX-10のオイル・クーラントラインメンテナンス3

前回の続き1 前回の続き2 スタッドボルトの交換 サビサビだったスタッドボルト(純正品番: 92004-1181)を交換しました。 オイルクーラー取り付け オイルクーラーとオイルラインは外さなかったのでオイルパンとオイルライン部分の取り付けをするだけだった。 バンジョーボルトのガスケット(純正品番: 11009-1461)と画像2枚目のダンパーラバー(純正品番: 92075-277)を交換した。 クーラントラインの取り付け ここは作業途中の画像撮り忘れ。。。 新品交換したのは ウォーターポンプのパイプ結合部のOリング * 2 ウォーターポンプのエア抜きボルトとガスケット クーラント排水ボルトとガスケット ラジエーターのダンパーラバー 今回交換した部品 スタッドボルト: 純正品番 92004-1181@180 * 8 (8X22) オイルクーラーバンジョーボルトのガスケット: 純正品番

ZX-10

ZX-10のオイル・クーラントラインメンテナンス 2

前回の続き ラジエーターなど外す 地味に汚い エキパイのサビもスタッドボルトもナットもやばい クーラントタンクの清掃 黒いカスのようなものが内壁にこびりついているので、折り返したホースをタイラップで縛ったものを栓の代わりにして少しの水とボルトやナットを入れて振って綺麗にした。 ビフォー アフター オイルとエレメントの交換 オイルエレメント(純正品番: 16099-003)とOリング(純正品番: 671B2590)を交換する このドレンガスケットがボルトの溝に噛み込むのは本当に嫌い。純正品番: 92065-097 ラジエーターの掃除 ラジエーターフィンの修正工具で超有名?なメタペンを購入しました。修正後の写真は撮り忘れ。組み付け後の写真は次回。 今回交換した部品 ドレンガスケット: 純正品番 16099-003@80 * 1 (12X22X2) エレメント:

ZX-10

ZX-10のオイル・クーラントラインメンテナンス

ZX-10のメンテナンス。 北陸旅行も終えて、カウルは割れ砂も浴びて走行距離もそれなりに走ったZX-10のオイル及びエレメント・クーラント交換と簡単な清掃を行っていく。 カウルを外す もともとカウルを加工してセンターカウルとロアーカウルは無いのでここまでは簡単に外せる 外したアッパーカウル内側を見ると砂や汚れがたくさんこびりついていた。洗車してもカウル内側は直接洗い流せるわけでは無いので仕方ないなと思った。 ヘッドライトユニットのラバーが加水分解したのかベトベトしている部分もあって、そういう箇所が余計に砂を集めてしまっているのかもしれない。 ETC ETC2.0 アンテナ別体型。ここにも砂が入り込んでいた。 開けた蓋の内側についているラバーパーツが密封しているだけなので、写真では清掃済みですが砂がものすごいことになっていました。 蓋自体は本体と密着しないので隙間が大きいために砂が入り込むことになっていたので、風通しの良い簡単なカバーをかけたりしないと破損の恐れがあるかもしれないと感じました。北陸旅行で転んだから余計に砂が入ったのだとは思いますが。。。 エンジンオイル・クーラントを抜く 走行距離 79746.5km@2019/10/13 続きます...

KH400

KH400のミッション組み直し Day.4

1日目はこちら 2日目はこちら 3日目はこちら 作業4日目!?@2019/11/23〜12/2の作業です。期間が空きました。モチベーションの維持が難しかったということで。 今回の記事はミッションの分解と選定です。 いま手元には3台分のミッションがあります。この中で状態のいいものを選んで行く作業をしました。 時間が空いた理由の一つにミッションのオークションで落札したのもありました、忘れていた。 アウトプットシャフトを分解する 簡単に全体の写真を撮る スナップリングを外して、外した部品を右から並べていく。このとき上下の向きをそろえておかないとどの向きで組んでいくかわからなくなるので注意が必要。今回は置いた部品を上から持ち上げて、シャフトに差し込んで行く向きで並べることにました。右端の部品を置いたときはこのルールを決めていなかったので向きが上下逆になっている、溝がミッション側にくるように組むのが正解。 分解した図。スナップリングプライヤーなど道具はこの記事の一番下にまとめています。 ロー(シャフト) セカンド サード フォース トップ