KH400

KH400 ライティングコイル周りのまとめ

KH400 充電されなくなった件についてで 巻き方や巻き数、線径など秘密にされる内容の詳細は次あたりのポストにまとめる予定です とか書いたので、ざっくりまとめたいと思います。 やったことは大きく分けて2つあります。 ライティングコイルの巻き直し レギュレータ・レクチファイアのリプレース 今回はライティングコイルの巻き直しのみです。 ライティングコイルの巻き直し作業について 道具など UEW(2種) 1.0mm マグネットワイヤ 0.3kg オヤイデ電気のオンラインショップで購入 1700円くらい この商品は「UEW」で検索しないとヒットするけど「マグネットワイヤ」で検索してもヒットしないかも ワニス オヤイデ電気のオンラインショップで購入 100均の小さいスポイト(ワニスに触りたくないから) 100均のハケ(ワニスを塗るため)

KH400

KH400 充電されなくなった件について

前回に引き続き。 充電されないなーと思ってバッテリがへたったのかと思ったがそうではなかった。 今回はざっくりとしたポストです。 巻き方や巻き数、線径など秘密にされる内容の詳細は次あたりのポストにまとめる予定です このタイミングで「あージェネレータの問題か」と思ってジェネレータを取り外した。しかし本来この時点ではジェネレータを取り外すのではなく、抵抗値の確認をすべきだったな、と今更反省している。具体的にはレクチファイアにつながる黄色い配線(110型3端子カプラー、黄色/黄色/若草色)とボディアースの導通をチェックすべきだった。 状況 自走可能 発電不良 ということで原因の可能性は ライティングコイル(短絡) メインハーネス(断線) レクチファイアの故障(断線?) かな、と思った。 しかし微弱だが電装系は動いている。微弱なのはバッテリーが充電不足だから。 ではバッテリーを充電したらどうか。 問題なかった。

KH400

KH400発電/電装系トラブル

タイトルにはトラブルと書いたけどそんなにトラブルとは思ってなかったりする。 夜に軽く流そうと思ったらウインカーが点滅しない(点灯あるいは非常にゆるやかな点滅といった状態)で、ヘッドライトは実家に常備されていた単一電池の懐中電灯を彷彿させるぼんやりとした明るさとなっていた。 これはバッテリーがへたっていることは明白なので、すぐさま帰還しバッテリー端子の電圧を計測すると7v。おわた。。。 とりあえず充電器で充電して状況みてみる予定。 ついでにバッテリをはずした状態でイグニッションをON。テスタでバッテリにつながる端子間の抵抗値を計ったところ、おおよそ10Ω。ニュートラルランプ(3w電球)が点灯するだけなのに10Ω 。これはメインハーネスなどなどリプレースも近いかな、とか思う今日この頃。 使っている電圧計はたぶんこれ。電圧テスタとか作ってるメーカーはたくさんあるけど長野県は上田が本社ということで同郷という贔屓目により日置のテスタを購入した記憶。 使っている充電器はこれ。amazonで評価がいいので無難かな、と。 車があるならこれの一つ上のモデルのこっちが良さそうだなーとは思ったけど車はないから買うのはやめた。