/ KH400

続KH400ガソリン流量

それなりに走ってガソリン減らしてコック(PMC製)を取り外した。
タンクを外して、外れたフィルターを取り出すためタンクをふりふり。なかなか難儀しました。

分解した図

コックのタンク内側、ノズルがついている側には想像以上にゴミが溜まっていていて驚いた。パークリ吹いたら飛ぶ程度だったけど、想像以上のゴミだった。
サビなのか、なんだかカサブタのような黒いカスがついていた。

フィルターは信越シリコーンのKE45Wを使用。これはどこのサイト(こういったメンテとかレストアしているサイト)でも使われているので買いました。優秀です。

こちら、もともと取り付けていたコック。純正なのかな。

タンクに取り付けるナット?の内側にはめるゴムが切れてしまったため使っていなかったが、そのゴム以外は問題がない。ナットの内側真ん中あたりに溝がない場所があって、そこに取り付けられていたゴムがダメになってしまった。

使用中のコックにもナットに同様のゴムがあったので使いまわしてみたらサイズもドンピシャだった(当たり前か)。このナットに取り付けるゴムはまだ純正のパーツが供給されているようなので、後日注文しようと思う。
部品番号はKH400-A5のp38の7番[92065-081]、現在は品番が変更されて[43049-1071 ]となっている。代表車種はKDX200-G5らしい。ありがたや。

もともと取り付けられていたコックの難点はリザーブ用のノズルが長いのでガス欠が早いことくらい。ノズル先端のフィルターは金属製で、いま取り付けているPMCだと樹脂製。

主な違い

項目 PMC製 元々の方
見た目 鈍く光る メッキ
フィルター 樹脂製で柔らかく目が細い(最初から歪んでた) メッシュが金属製でフレームが樹脂製(触っても芯が感じられるくらい丈夫)
リザーブ ノズルが短い(残り1L以下でも吸ってくれそう) ノズルが長い(残り1Lでもガス欠になりそう)

両方並べた図(暗い)

PMC製は各キャブに流れる出口側のノズルの角度が良くないのかあまり流れがスムーズに感じないので、元々の方に戻そうかなと思っている。フィルターのせいかもしれないけど。。

このときはまさかこんなことになるとは。。。続く