/ KH400

クランク右シール抜け対策 その2の補足

前回書いた今後の予定で買おうかなとか思っていたいくつかについて。

クラッチ固定ツール

クラッチ固定ツールですが諦めて少し高いものを買おうと思います。

ちょっと調べました。パーツリストを見ていると工具のオプションでクラッチ固定ツールがいたんですよ。オプションとして。

抜粋

純正品番 56019-100。改良されたのか 57001-1243 になっています。パーツ検索かけたので間違い無いです。値段は今現在8,132(税別7,530)円でした。
ここで 57001-1243 をグーグルで画像検索とかかけてみると、買おうと思っていた工具が出てきました。
eBayとか見たら、あぁこれはOEMなのかな。カワサキが販売することで2100円くらい高くなっているのか、もともとちょっと高いのか。いや、amazonで割引の表記が無いので割引なしで5400円なんでしょう。
よくよく見ると、片側がツメで、反対側は棒が出てるのでフライホイール外すのもこれ使えるんですね。気づかなきゃよかった。
よし、これ買おうと思います。

プライマリーピニオン固定ギア

あと、アウトプトシャフトプライマリーピニオン固定用に使えるかわからないですが、こちらも買ってみたいと思います。結果については別の機会に。

こっちですが、使うのは微妙かなと思って買わないことにしました。
理由ですが

ギアモジュール 1.75 以外 (噛み合いません)

と書かれていて、ギアモジュールというものを知らなかったので調べました。
ちょうどプライマリーピニオンが露出しているので計算したところ、約2でした。パーツリストを見ると27Tと記載があるので歯は27枚、基準円直径は約54mmでした。

ギアモジュール = 基準円直径 ÷ 歯数

ということなので、54mm÷27で2.0ということで。まぁ雑に図ったというか、ナットとかが邪魔でそこまで上手く測れる状態でもなかったのですが1.75では無いのでここに2000円も使うのもな、という状況です。

逆に考えると、適当にギアモジュール2.0の金属製平歯車を買ってくれば綺麗にはまってくれるということだと思うので、700円とかで買えそうであれば買ってしまってもいいかも。ネットで買うならモノタロウとか。。?

でも仮にギアモジュール2.0だとしたら、少しくらい小さくても回り止めとしては機能するだろうし、とかも思っています。ギアについて少し賢くなったようなのですが、もしかしたらこんなことしなくても上記のクラッチ固定ツールでプライマリーピニオンも固定できるんじゃね?とか。そんなわけでまだこちらは保留です。