ios10

iOS10のFontFamilyName

旧OS iOS8系でフォントの一覧 iOS9系でフォントの一覧 iOS10系でフォントの一覧 iOS11系でフォントの一覧 iOS12系でフォントの一覧 iOS10でフォント一覧を書き出すの忘れていた。 Swift3での取得方法が気に入らなかったので修正。ObjCとそーとのロジックが異なるけどもう不要かなって気もする。 取得方法 familyNameからfontNameを取得する。今回からソートするようにした。 //////////// // Objc NSMutableArray<NSString*> *array = [NSMutableArray array]; for (NSString *familyName in [UIFont familyNames]) { for (NSString *fontName in [UIFont fontNamesForFamilyName:familyName]

xcode

iOS10.1 ATS

前回の検証がBeta版だったので安定版でも検証した 検証環境 iPad Pro 9.7 iOS10.1 Xcode 8.1 Swift3 検証方法 非SSLリクエスト先はhttp://www.example.com SSLリクエスト先はhttps://www.example.com 非SSLリクエストとSSLリクエストを行い結果を確認する(合計8つのリクエスト) UIWebView WKWebView NSURLSessionで該当URLのソースコードをダウンロードして表示 NSDataで該当URLのソースコードをダウンロードして表示 これらのリクエスト結果がATSの設定パターンでどのように変わるのかを比較する 検証手順 上記検証方法に対応したプロジェクトを作成して実機起動(シミュレータは実機と異なる動作をすることが多いため) http(s)

ios

iOS10ライフサイクル

先日Xcode8のフレームがどうのって記事を書いたんですけど、そんなことよりライフサイクルだな。と思ったのでシーケンス図風のものを書き出しました。png貼ってますがサイズ大きめです。参考程度に。上から下へ処理が進んで行きます(意味わかるよね? 今回使ったアプリ 確認した内容はこんな感じ + AppDelegate | | | + UINavigationController | | | +-+ UIViewController | | | +-+ UIView(UIViewController.view | + Notification Storyboard使って、画面遷移などはしていないです UITabBarControllerも使っていないです(ライフサイクルが結構かわるのですごく長くなるから 起動 その他バックグラウンド/フォアグラウンドなど その他 バックグラウンドに移行する ≠ フォアグラウンドではなくなる(アプリが見えなくなる) バックグラウンドに移行したかどうかは didEnterBackground でしか判断できない UIApplicationXXXなステータス変更のNotificationはAppDelegateのメソッドが呼ばれた後で最後に通知飛ばされてるみたい

ios10

iPad@iOS10.1でキーチェーンのパスワードが表示されなくなった

iPad Pro 9.7にiOS10 BetaやGMなどを入れていて、安定版が出たタイミングで安定版を入れなおしたりしていたら、Safariでキーチェーンに保存されているはずのパスワードが表示されなくなっていたという問題。 結論 設定.app → iCloud → キーチェーン がオンになっていることを確認 設定.app → Safari → パスワード → Touch IDで認証 設定.app → Safari → 自動入力 → ユーザ名とパスワード → オンにする(オフになってた) https://support.apple.com/ja-jp/HT203783 地味にこういうトラブルは時間がかかって嫌だ。

xcode

iOS10 ATS設定について

iOS10.1で検証しなおして表にしました。 この記事の内容はBeta版の動作です。 iOS10からATS(App Transport Security)の設定が増えるということと、「Webに接続するiOSアプリは2017年1月からHTTPSの使用が絶対条件になる、デベロッパーはご注意を」で色々と騒がれていましたが最近はあんまり聞かないですね。iOS10のリリースも近いはずなのに。 上のリンクのソースはこのPDFのp.100みたいです。 App Transport Security + Required by App Store at end of 2016 + TLS v1.2, with exceptions for already-encrypted buld