/ ios

iOSバージョンのシェアとアプリの対応OSバージョン@2016秋

iOSバージョンのシェアとアプリが対応するOSバージョンについて考える。
2016秋っていうのはざっくりとした期間にしたかっただけ。

Apple公式が出しているおおよその数値

2016年10月の時点でiOS8系とそれ以前のバージョンはAppStoreにアクセスしているうち8%ってことみたいですねー。だいぶ減りましたね。

私がかかわっているアプリではfabricをクラッシュレポートとしてとして使っていて、オマケ感覚でfabricのAnswersというDAUとか計測できるトラッキング機能を使用しているのですが。そのアプリだとiOS8系のユーザは3%弱でした。iOS8以降をサポートしているアプリなのでAppStoreとは分母も違うしってところですが、リテラシーが高い人向けというわけでもないアプリでiOS8系ユーザが3%弱ってことは、今後開発するアプリはもうiOS9以降サポートでいいよね!iOS8系は切り捨てちゃっていいよね!

ここ数年で「古いOSもきっちりサポートしてよ」みたいな話は聞かなくなってきた気がします。

個人的にiOS8が切り捨てられて嬉しいこと

説明めんどくさいのでリンク先見たりググったりしてください。

  1. Storybaordの分割 ( iOS8も対応したプロジェクトの場合にはこっち
  2. WKWebViewがiOS9でいろいろ強化された(UserAgentカスタマイズできるらしいプロパティ追加された
  3. UIStackView
  4. UITableView.readableContentGuide(使ったことないけどあると良さそうだなと思う
  5. 3D Touch(未だにまともに使ったことない

What's New in iOS